医者

老け顔を解消するために|目元のたるみを改善する治療を受けよう

  1. ホーム
  2. 経結膜脱脂法とは

経結膜脱脂法とは

カウンセリング

確実に効果を発揮する

目元がたるんでしまう原因には色々な種類がありますが、脂肪が下がってしまってたるみが出来ている場合、スキンケアやマッサージなどでは解消出来ません。眼球の周りにある眼窩脂肪が加齢などによって下がってしまうと、目の下に脂肪が溜まったような状態となり、まるでたるみがあるかのような膨らみが出来てしまいます。脂肪が引き金となっている目元のたるみですので、いくら美容成分を与えたりマッサージをしたりしても、消える事はないのです。眼窩脂肪の下垂によって引き起こされた目元のたるみは、美容整形で解消する方法が1番効率的で、中でも「経結膜脱脂法」は特に有効な施術法と言われています。経結膜脱脂法は下まぶたの裏側を切開し、そこから下がってしまった眼窩脂肪を切除する事で、目元のたるみを解消する美容整形です。以前は目の下のキワ部分をメスで切開して、眼窩脂肪を取りだすという施術法が主流でしたが最近は、傷跡が目立たないよう結膜側から行うケースがほとんどです。結膜とは「あっかんべー」のポーズをした時、目の下を引っ張ると赤く見える粘膜部分の事で、ここからの施術であれば皮膚がメスによって傷つく事はありません。この切開した部分から眼窩脂肪を押し出す事によって、目の下のふくらみが無くなり同時にたるみも解消出来るという仕組みです。結膜部分を約1cm程度切開する必要はあるものの、施術前には麻酔の効果を持つ目薬と注射によって局所麻酔を行うので、痛みを感じる事はありません。もし、施術に対する不安感が強いという場合は、意識が無いうちに手術が終わってしまう静脈内鎮静法の麻酔を、行ってくれるクリニックを選ぶと良いでしょう。経結膜脱脂法で1度、眼窩脂肪を除去すれば半永久的に効果が続くので、何度も治療を受けるのは面倒という方におすすめです。メスで結膜部分を切開するクリニックもありますが現在は、炭酸ガスレーザーを使い切開する施術法がメジャーとなっています。炭酸ガスレーザーは切開する周囲の結膜に影響を与えにくく、キレイに切開できるので施術後、傷口の治りが早いと言われています。より回復を早めたいのであれば、炭酸ガスレーザーを使い経結膜脱脂法を行うクリニックを選ぶ事がおすすめです。大きくメスを入れるような美容整形とは違い、切開する範囲が1cmと小さいので経結膜脱脂法の施術時間はわずか10分から30分程度です。施術時間が短いので身体的なダメージはもちろん、精神的なストレスも感じにくく安心して受けられる美容整形と言えます。