年齢に負けないお肌作り

老け顔を解消するために|目元のたるみを改善する治療を受けよう

眼

美容クリニックを選ぶなら

目元のたるみが気になっていても美容クリニック選びに手を抜いてはいけません。それに医師に任せておけば、自分のイメージする目元になれるわけではありません。その点をよく理解してクリニックを選ぶのが大切なことだということです。

カウンセリング

経結膜脱脂法とは

眼窩脂肪が下がってしまいできた目元のたるみは、経結膜脱脂法という美容整形で解消出来ます。経結膜脱脂法は目の下の裏側部分にある結膜を、1cm程度切開しそこから眼窩脂肪を除去する美容整形です。施術を行えば、目の下がスッキリと若返ります。

エイジングケアの一つ

看護師

部分的に対処できる

人は男女を問わず加齢と共に皮膚がたるみ、目元や頬などがたるむと、人によっては実年齢以上に加齢が進んだようにみえる人もいらっしゃいます。しかし、誰でも若くきれいでありたいと思うのは当然で、多くの人が何らかの努力をしています。肌のたるみはハリや弾力を失ったために起きる現象で、それは正しいエイジングケアを行う事によって発生を予防することや、また、ハリや弾力を取り戻してたるみを改善する事ができます。特に衣類で隠せない顔のたるみは気になるものですが、中でも重力の影響を受けやすい脂肪が付く場所である目元と頬が大きな影響を受ける事になります。頬のたるみはほうれい線となって現れ、目元のたるみはカラスの足跡と呼ばれるシワや、目の下に影を作って、黒クマとなって現れます。これらのたるみは、美容外科的処置で改善できますが、その前に自分で行うスキンケアを正しく行っていれば、予防や改善ができます。まず、ハリや弾力を作る働きをする成分であるコラーゲンが加齢とともに減少していますので、コラーゲンを摂る事に努めましょう。その際、吸収速度が遅く高価も長く継続する、高分子のコラーゲンと、吸収性に優れ、即効性が期待出来る、低分子化されたコラーゲンを同時に摂ると、より効果的です。しかし、低分子化されたコラーゲンは、高分子コラーゲンを科学的に分解加工したもののため、自然の食品の中から摂取することは難しく、それらが配合されたサプリメントやドリンクで摂取する事になります。次に保湿成分を補給します。コラーゲンはハリと弾力の素ですが、それだけではその機能を果たす事ができず、水分を失った状態ではカサカサに乾燥してパリパリのもので、さらにその水分を自分で保持する能力はありません。そこで、コラーゲンと一緒に水分を長く保持する成分を一緒に摂取し、この成分から水分を供給してもらう必要があります。この保湿性に優れた成分こそが、ヒアルロン酸やセラミドと言われるもので、ほとんどのコスメにはコラーゲンと一緒に組み合わせて配合されています。特に比較的安価で、自分の6,000倍もの量の水を保持できるヒアルロン酸は、コップの中に水を入れたような簡易的な保水の仕組みのため、その保水機能を向上させるための蓋の役割を果たすものとして、コラーゲンが機能しており、お互いの補完関係でその性能を発揮します。その様に、内側から体全体にハリと潤い成分を補給しながら、目元等の気になる部分は、これらの成分を含んだ化粧水やクリームで部分集中的にスキンケアを行い、効果の向上を図る事ができます。

顔を触る人

目の周辺の美容

年を取るとどうしても、目元にたるみが出てきます。それに目元のたるみがあると見た目年齢もあがってしまいます。老け顔にならないためにも目元のたるみを解消しましょう。そのために美容クリニックを利用する際の注意点を挙げてみました。

目元に触れる人

メスを使わない治療法も

サーマクールアイは目元のたるみなどを解消するために開発された治療の1つです。高周波を肌に当ててコラーゲンを増加させ、肌のハリ感や弾力をアップし引き締めます。メスを使わないという事や、即効性がある事から人気です。